激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

最新記事一覧

2018年6月27日
サッカーワールドカップロシア:試合後の日本サポーターのごみ拾いは誇りが持てる
2018年5月23日
日大アメフトタックルについて:腐っている大人が優秀な若者を潰す
2018年4月30日
(2018年)ゴールデンウィークについて
2018年3月28日
まもなく2018年新年度
2018年2月27日
平昌オリンピック:フェアプレーは自信の証、妨害プレイは弱者の証

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



あなたの生活を脅かして人生を蝕む戦後の日本の社会構造

日本は生き生きとした生活を送っている人が少ないのが現状であります。

それは、
日本の社会構造の悪影響を受けているからであり、
戦後レジームの価値観が、今の生き苦しい社会を作り上げています。

そこで、戦後レジームがもたらした問題の本質をみておきましょう。

 

◆戦後レジームのはじまり

日本は第2次世界大戦後にアメリカのの占領下におかれたことによって、
アメリカの属国になりました。

アメリカ世界戦略に日本を組み込むため、GHQは日本を支配するべく、
様々な日本弱体化政策を行ないました。

日本弱体化政策の目玉としては、
日本人愚民化政策(日本人を弱体化させるための洗脳政策)であります。

⇒ 日本人愚民化させたGHQの洗脳政策―徹底的な検閲と言論弾圧
⇒ 日本人の倫理・思想を劣化させたGHQの教育政策
⇒ 日本人を無気力化したGHQの教育破壊

日本が弱体化政策に対抗するための政治的行為がとれないように憲法9条を制定し、
米軍基地を配置し、日本の防衛はアメリカのシステムが導入されました。

⇒ 自立心なき依存体質にした憲法9条と米軍依存の国防体制
 

ここまでGHQによって日本が叩かれて縄で縛り付けたような占領政策が行なわれてしまうと、
日本人としての心と自信と誇りを失い、
アメリカのような強い者に従って言いなりになればよいという依存体質になり、
これが戦後レジームの価値観の土台になってしまいました。

⇒ アメリカの日本弱体化政策によって構築された戦後レジームの本質

●参考文献
山村明義:『GHQの日本洗脳』光文社 P355

 

◆生き苦しい戦後日本の社会構造の完成

一方、共産主義が拡大し、朝鮮戦争が勃発し、脅威にさらされる状況になりますと、
アメリカは日本を共産勢力下に組み込まれないように、日本を反共防衛の拠点にして、
日本に資本主義を植えつけました。

これにより、日本は急速な資本主義化が進んだが、
戦後レジームのレールの上で仰せのとおりにしか動かなくなった日本人に
資本主義教育がされることになりました。

そして、家業や中小零細経営は衰退し、企業中心社会になっていったため、
企業に依存せざるを得なくなり、労働環境の悪い企業でも働き続け、
うつ病や自殺が増加してしまいました。

企業は高学歴を優遇する学歴社会になり、学歴の低い人はやり直しがきかないため、
余計に労働環境の悪いブラック企業に働く傾向が強くなりました。

⇒ 朝鮮戦争以降の急速な資本主義化と学歴社会の歪み

 

このように、働くのがつらく生活が苦しいのは、戦後の日本の社会構造に要因があります。

この戦後社会が長く存立しているのは、GHQの占領政策(日本弱体化政策)によって、
自立心を失い、強い者に従って言いなりになればよいという依存体質に
なってしまっています。

世界的にも高い水準であった日本の伝統的原理や思想も弱体化させられて、
問題を解決する知恵・能力も失いました。

だから、物事が行き詰ったときに、そこから脱却することがなかなかできません。
それでは、いつまでも新しいことはできません。

 

日本は愚民化して無能になり、心や体やプライドもズタズタに傷付いている状態ですが、
それでも、現状を変えなければ、あなたはもっと生活・人生の苦しみが続いてしまいます。

したがって、戦後レジームから脱却し、今まで受けていた洗脳を解き、
自分で主体的に行動していかなければなりません。

【ポイント】
安倍総理も戦後レジームの脱却を掲げていますが、
このように政治だけではなく、ビジネスや生活にも密接に関わっていますので、
個人の生活・ライフにおいても、戦後レジームからの脱却を実践していくことが
重要であります。

アメリカの日本弱体化政策によって構築された戦後レジームの本質

第2次世界大戦で勝利したアメリカは、日本を属国にして支配するために、
様々な日本弱体化政策を行ないました。

主な日本弱体化政策として、
日本人愚民化政策(日本人を弱体化させるための洗脳政策)が実施されました。

まずは、GHQはマスメディアと電話・郵便などを徹底的に検閲を実施して、
情報統制・言論統制を行ないました。

特にマスコミは反日プロパガンダの道具として活用され、GHQは具体的に指示を出し、
第2次世界大戦は日本が悪い侵略戦争だったと報道させ、自虐史観を植え込み、
番組や映画も日本的なものが排除され、
代わりにアメリカ映画・アメリカ文化的なものに変更されました。

⇒ 日本人を愚民化させたGHQの洗脳政策―徹底的な検閲と言論弾圧

 

さらに、GHQは教育制度の改革を命令し、
教育現場でも自虐史観の押し付けて、反日プロパガンダが行なわれまして、
公よりも個人の権利尊重など熱心に指導し、妄想理想主義者になるように教育しました。

これによって、日本人の倫理・思想を劣化させました。

⇒ 日本人の倫理・思想を劣化させたGHQの教育政策
 

また、GHQは洗脳教育を効率良く行なうために、
尋常小学校卒業後に専修学校や専門学校や師範学校など様々な学校に進学でき、
好きな進路が取れる戦前の複線的教育制度から、
小学校6年・中学校3年・高校3年・大学4年に進学するだけの単線的な制度に変え、
教育にYESかNOの二元論が導入され、○×形式のテスト・問題が取り入れられました。

<影響1>
企業は学歴を基準に採用を行なうようになり、進路の選択肢が狭められたため、
高学歴を目指すべく必然的に基礎学習に追われ、
日本人の最も得意な応用技術力や専門知識を身に付ける機会が少なくなり、
日本人の応用力は失いました。

<影響2>
○×形式に慣れると、物事を常に正しい(賛成)か誤り(反対)の2つの側面からしか
捉えることができなくなり、従来日本人が高かった想像力や問題解決力を失い、
複雑な現実問題に対しても、極めて単純な思想しかできなくなってしまいました。

本来なら、日本は和をもって話し合って、より良いものを作ることができる民族でしたが、
例えば、原発問題や憲法改正などをみるように、賛成か反対かてじか議論できておらず、
自分と意見が異なるものには耳を傾けず、建設的な良案を見出せない状況になっています。

 

それから、文化・食・ファッション・哲学思想などのジャンルでもGHQが指示をして、
日本は劣等生であり、アメリカ白人文化の方が優等であるというプロパガンダを行ない、
日本精神が崩壊するように洗脳しました。

なお、宗教や文化については、GHQによる直接規制も行なわれており、
一時期は武道や神道も禁止になっていました。

もちろん、
教育現場においても武道や神道禁止され、
日本人のマインドセットが衰弱し、教育を受けた子供は無気力化しています。

⇒ 日本人を無気力化したGHQの教育破壊
 

神道を国家神道と位置づけ、軍国主義の象徴として悪の根源扱いをされて、
いくつもの神社が破壊され、神棚や門松までも撤去させられていました。

これほど厳しい仕打ちをされれば、
神道はダメだと思ってしまい、プロパガンダが成立します。

 

【その結果】
●日本人は自信と誇りを失いました。
●世界的にも高い水準であった日本の倫理・哲学・思想が衰弱してしまいました。
●日本人は無気力化され、精神力・向上心すら失ってしまいました。

 
GHQによる日本人愚民化政策が成功してしまったのです。

これがアメリカの日本弱体化政策によって構築された戦後レジームの本質であり、
日本の社会構造に歪みを生んでしまいました。

これが現代社会においても蝕んでおり、
あなたが人生や生活でなかなかうまく成功できない要因であります。

 

なお、GHQの政策や戦後レジームについて、もっと詳しく知りたい方・勉強したい方は、
下の参考文献をご覧になっていただければと思います。

●参考文献
山村明義:『GHQの日本洗脳』光文社 P355
   

朝鮮戦争以降の急速な資本主義化と学歴社会の歪み

GHQは日本を弱体化するために様々な政策が行なわれ、経済活動も制裁措置がとられており、
全体主義国家並みに厳しく統制されていました。

しかし、共産主義が拡大し、朝鮮戦争が勃発し、脅威にさらされる状況になりますと、
アメリカは日本を共産勢力下に組み込まれないようにするため、日本を反共防衛の拠点に
することにしました。

そこで、アメリカは日本に資本主義を植えつけました。

これによって、
日本は急速な資本主義化が進みましたが、
一方でGHQの管理主義的の教育制度は存続したままであるため、結果として学歴社会になり、
日本人の生活・ライフに歪みを生むことになります。

 

■アメリカ型資本主義教育の導入

戦後 GHQは洗脳教育を効率良く行なうために、
尋常小学校卒業後に専修学校や専門学校や師範学校など様々な学校に進学でき、
好きな進路が取れる戦前の複線的教育制度から、
直線的に小学校6年・中学校3年・高校3年・大学4年に進学するだけの単線的な制度
変えてしまいました。

そして、アメリカ型の資本主義社会へ誘導するべく
資本主義確立に不可欠な合理性・効率性・秩序性をもつ労働者を育成するために
教育に○×形式のテスト・問題が導入されました。

⇒そこで、企業は良い人材を獲得するために、学歴を基準に採用することにしました。
この教育制度では、就職希望者の仕事の専門知識や適性を見極めることができないことから、
学歴の高い成績優秀な学生を採用するのが手っ取り早くなります。

現代の採用においても、新卒至上主義であり、
中途採用・既卒採用は求人が少ないのが現状であります。
 

急速な資本主義化により、家業や中小零細経営は衰退し、
企業中心社会になっていきました。

⇒企業採用を有利にしたいため、高い学歴を取得する必要があることから、
子供は塾に通うようになり、受験戦争に時間を費やすようになります。

みんな受験勉強をがんばるのだから、受験戦争が激化して、学歴社会になっていきました。

採用においては、新卒至上主義であるため、中途採用・既卒採用は求人が少ないうえに、
早期退職者は企業があまり採用しないことから、余計に学歴社会に拍車をかけています。

 

■日本の伝統を捨てた米国型企業社会と学歴社会の末路

この結果、落ちこぼれた者は、這い上がるのが難しい状況でありますので、
人生に希望がなくなります。

それに加えて、
GHQに植えつけられた政治体制によって、
日本人は自立心が弱められて依存体質のマインドになってしまったこともあり、
余計に企業に強く依存するようになり、
これにより、長時間労働させられたり、パワハラやセクハラがある企業でも働き続け、
生活・人生が苦しくなり、うつ病や自殺に発展してしまうのが現状であります。

⇒ 日本人を自立心なき依存体質にした米国依存の国防体制

一方、この過酷な受験戦争にうまく勝った者も、必然的に基礎学習に追われて、
日本人の最も得意な応用技術力や専門知識を身に付ける機会が少なくなり、
応用力が低くなっています。

応用力が低いと、ビジネスの世界では通用せず、
なかなか成果を上げられない単なる高給取りとして周囲に白い目で見られて、
あまり楽しくないライフになってしまいます。

こうして
人間の『LIFE』(生命=生活)を脅かす
日本の社会構造ができ上がってしまいました。

自立心なき依存体質にした憲法9条と米軍依存の国防体制

日本がGHQの弱体化政策に対抗するべく
アメリカから自立するための政治的行為がとれないように憲法9条を制定し、
防衛はアメリカに依存するように米軍基地を配置し、アメリカのシステムが導入されました。

世間一般的には、沖縄を中心とした米軍基地問題(普天間基地移設問題など)の発生し、
なかなか問題解消に時間がかかっている状況であります。

憲法9条や米軍依存の国防体制は、
一般的な社会問題に留まらず、
日本人のマインド・精神・考え方にも影響を与えています。

 

憲法9条は、アメリカから自立して日本弱体化政策を解消し、再び強い日本にならないように
制定されたものであるが、
特にこのGHQの意向が
憲法9条の第2項の「国の交戦権は、これを認めない。」という部分に表れています。

第1項の国際紛争の解決手段として戦争と武力行使の放棄ならまだ平和主義でありますので、
理解できますが、
第2項の
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」は、
日本は自衛するための戦力は持つな、抵抗するな、ということであります。

さらに万が一憲法改正の動きがあった場合に備え、
GHQは共産勢力に護憲に協力してもらえるように裏で支援する体制を整えており、
実際に今まで憲法改正議論を行なうと、共産党や社民党が憲法改正反対の声が上がり、
簡単に憲法を変えられないように仕組まれています。

一方で、憲法9条の実効性を高めて、着実にGHQの政策が進められるようにするため、
米軍を継続的に駐留させました。

これにより、日本国民はアメリカの言うことを聞けば、米軍が守ってくれるので安心だと
思うようになりました。
 

憲法を改正しようとすると、憲法改正反対と騒がれてうっとうしいですし、
逆に何もしなくても米軍が守ってくれますので、
心理的には無理に行動しなくてもよいように思うようになります。

このようにして、
アメリカ依存の体制ができ上がり、
日本人は自立心を失い、依存体質になりました。

戦後70年以上が経過した今ですら、日本国民の3~4割ぐらいが憲法9条改正に反対し、
米軍に守ってもらえれば良いと思っているのが現状であります。
 

この日本人の自立心なき依存体質が、
「強い者に従って言いなりになればよい」という社会風土を作ってしまいました。
この依存体質が強ければ強いほど、あなたの人生・生活を苦しめていきます。

 
例えば、
特に日本は企業中心社会になったため、サラリーマンの企業への依存度が高く、
おかしいことがあっても、サラリーマンは企業組織や上司等に異を唱えることなく、
そのまま働き続けています。

その結果、社員を使い捨てにするブラック企業や、パワハラやセクハラを助長する
歪んだ社会になっています。
したがって、サラリーマンの自殺者やうつ病が増えています。

人間関係や恋人関係も、日本人は依存体質でありますね。

依存したままでは、生活・人生で苦しみが続いてしまいます。
あなたの生活・人生の苦しみは、
GHQに植えつけられたこの自立心なき依存体質からきています。

 

そこで、依存体質から脱却する必要があります。
⇒ 依存体質を克服する方法について

日本人を無気力化したGHQの教育破壊

当時GHQは武道や神道を禁止されていたため、
教育現場においても、これらは除外されてしまっていました。

当時武道は体練(体育)の一環として、授業で盛んに実施されていたのですが、
GHQ所属の軍人が剣道・柔道などの武道を行なっていると、その場で禁止させて、
言うことを聞かないと武具を取り上げるようにしていました。

⇒これで忍耐力を鍛える機会が大きく減ってしまいました。

現在では、ある程度武道(剣道・柔道等)の授業は復活してきましたが、
反日思想に染まった日教組の先生は、武道の授業に消極的であり(やる気がない)、
日本人の忍耐力は回復しきれていないのが現状です。
 

また、当時の日本人の精神力の高さにつながった神道・儒学を主体とした道徳教育が
消し去られてしまいました。

勤労や親孝行などの美徳が書かれている修身教科書は、完全に廃止になってしまいました。
さらに日本人の道徳が記されている教育勅語が、
教育現場から消し去られました。

戦前、日本が欧米列強と対等に渡り合えたのは、
日本人の精神を鍛えた教育でありましたので、
教育破壊は、GHQの日本人愚民化政策を行なうのに理にかなっていました。

 

【その結果】
これらによって、従来日本人が高かった忍耐力・精神力が弱体化し、
努力する力を失ってしまいました。
怠け者の日本人が増えてしまいました。

今もGHQの教育政策の影響を受けた日教組の教員が多く、日教組勢力が残存しており、
さらに反日にエスカレートした教員もおり、
その先生の教育を受けてしまうと、マインドセットが身に付かず、
なかなか目標達成に向けた努力ができない人間になってしまいます。

戦後レジーム下で生きているあなたにとっては、
努力をすることさえも大変なことになってしまっているのです。
無気力化されてしまったのです。

 

そこで、私は成功実現プログラムを開発しましたので、これを実践することによって、
向上心を高めて、努力する力と忍耐力をつけられるようにしています。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー