激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

最新記事一覧

2018年1月17日
2018年新年のご挨拶
2017年12月26日
2017→2018年の年末年始について
2017年11月22日
おもてなしを行なう際の臨み方
2017年10月26日
2017年衆議院総選挙自民党(安倍政権)勝利からみる国民の求めるもの
2017年9月29日
正しく使えば権力は役に立つが、2017年衆議院総選挙からみる権力が嫌われる理由

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



1ヶ月間の実践総括

約1ヶ月間目標を立てて実践しましたら、ここで1ヶ月間の実践の総括を行ないます。
そして、これをふまえたうえで、次の1ヶ月の目標設定を行なっていく流れになります。
 

そこで、まずは以下の(1)~(4)に沿って、1ヶ月間の実践の総括を行なってください。

(1)1ヶ月の目標を達成できたかどうかを確認してください。

(2)今取り組んでいることについて、ある程度成功しているのであれば、
成功につながっている要因やうまくいっている点を挙げてください。

⇒これを把握しておけば、今後の実践にも活かすことができ、大きなプラスになります。
 

(3)一方、今後の課題や、目標達成の障壁となる問題点がございましたら、
挙げてください。

(4)そして、実践の改善点や、課題・問題の解決方法を考えるようにしてください。

(3)と(4)については、課題や改善点をしっかりと考えておくことによって、
今後の実践が成功するための大きなヒントを得ることができ、とても役に立ちます。
 

1ヶ月間の実践の総括を行ないましたら、
これらをふまえたうえで、前回と同じ手順で次の1ヶ月の目標設定を行なってください。

特に今回1ヶ月の目標を達成できた方は、自信を持って目標設定を行なってください。

そして、今後も繰り返し目標設定を行なって計画を立てるようにし、
それに基づいて実践するようにしてください。

目標設定と計画策定作業を繰り返し行なうことで、
次第に自然と自分の頭の中で目標と計画を立てる癖がついていき、
自分の力で主体的に行動できるようになります。

なお、目標達成期限と中長期目標については、
必要に応じて、適宜見直すようにしていただければと思います。

1ヶ月間実践を継続するのにあたり

1ヶ月の目標達成を目指して、継続的に実践していきます。

今後も、毎週1週間ごとに、1週間の実践計画(目先の計画)の策定を行ない、
1週間の実践計画(目先の計画)に基づき実践し、
また1週間実践した後に計画通りに実践ができたかどうかの点検を行ない、
次の1週間の実践計画を策定して行なうようにしてください。

このように、1週間の実践計画(目先の計画)を繰り返し行なうことによって、
次第に自然と自分の力で主体的に実践が進めることができるようになっていき、
さらに15~30分ぐらいで計画が立てられるようになります

それでは、ぜひ、1週間の実践計画(目先の計画)を繰り返し行なって、
自分の力で主体的に実践を進められるようにしましょう。

1週間計画(目先の計画)の実践達成度の点検

1週間ぐらい実践しましたら、
一旦実践を中断していただき、1週間計画(目先の計画)の実践達成度の点検します。

そこで、
1週間の実践計画(目先の計画)をみながら、
計画通りに進めることができたかどうかを確認してください。

 

計画通りに実践ができた方は、
今回と同じ要領で次の1週間の実践計画(目先の計画)を立てるようにしてください。

あまりにも余裕がある場合には、
無理のない範囲で作業量や実践内容を上方修正するのも良いでしょう。
 

一方、計画通りに実践ができなかった方は、
うまくいかなかった理由を考えるようにしてください。

もし、実践が計画通りにできなかった理由がどうしても思い浮かばない場合は、
問題分析支援シートを活用して考えるようにしてください。

そして、うまくいかなかった理由をふまえながら、
次の1週間の実践計画を立てるようにしてください。

実践内容が難しかったり、作業量がかなり多くて、計画通りに実践できなかった場合には、
実践時間を増やすのが可能なら、実践時間を増やすようにするようにして、
増やすのが不可能なら、作業量や実践内容を下方修正するようにしてください。

実践時間が取れなくて計画した通りに実践を進めることができなくて、
今後も恒常的に実践時間を取れない場合は、
作業量や実践内容を下方修正するしかないでしょう。
 

そして、計画通りに実践できた人も、計画通りに実践できなかった人も、
今後も1週間の実践計画(目先の計画)を繰り返し行なっていきます。

自然と自分の力で主体的に実践が進められるようにするのが理想的です。

問題分析支援シート

実践が計画通りにできなかった理由について、
以下の観点から捉えてみるようにしましょう。

①予定していた実践時間を取ることができたかどうか。

②それとも、実践時間は取れたが、実践内容が難しかったり、作業量がかなり多くて、
計画自体に無理があったのか。

③実践時間が取れず、計画自体にも無理があったのか。
 

※実践時間を取れなかった場合は、
以下の観点から理由も把握するようにしてください。

①断ることのできない(不可抗力的な)急な用事が入ったり、もしくは病気・体調不良や自然災害や事件等に遭うなど、
運悪く実践時間が取れない状況になってしまった。

②生活スタイルや仕事などの関係で、
想定していたよりも実践する時間が取れず、
今後も計画した通りの実践時間を取ることができなさそう。

③ただ単にサボっていただけである。
⇒マインド的な問題になる。

1週間計画(目先の計画)の実践

先ほど策定した1週間の実践計画(目先の計画)を実際に実践してみましょう。
以下のポイントをふまえて進めるようにしてください。
 

ポイント
とにかく1週間の実践計画(目先の計画)に基づいて実践するようにしてください。

 
今まで行き当たりばったり行動していた場合、
うまく進まなかったことが多かったと思います。

でも、
今回はせっかく自分で計画を立てたので、計画通りに進めるようにしましょう。
そうすると、今までと異なり、うまく進めることができるでしょう。
 

また、人によっては、
1週間の実践計画でルーチンワーク化させている方もいらっしゃるかと思います。

このような場合は、日ごとの作業計画(1日の作業計画)もある程度固まっていると思うので、
事前に時間のあるときに段取りを決めておくとスムーズに進めることができます。

 

※実践作業の便宜上、10日周期で計画を立てた方は、10日間計画通りに実践してください。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー