激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

最新記事一覧

2018年5月23日
日大アメフトタックルについて:腐っている大人が優秀な若者を潰す
2018年4月30日
(2018年)ゴールデンウィークについて
2018年3月28日
まもなく2018年新年度
2018年2月27日
平昌オリンピック:フェアプレーは自信の証、妨害プレイは弱者の証
2018年1月17日
2018年新年のご挨拶

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



忍耐力をつける方法(忍耐の本質)

忍耐とは
一銀的に言葉通り耐え忍ぶという意味であるが、
本質的には、目的(目標)の達成のために、大変さがあっても、耐え忍び行なっていく
という意味があります。

 
⇒何かを成し遂げるために粘り強く取り組んでいくのに忍耐が重要になります。

【チェック】
戦前の日本の学校教育では、
忍耐力を鍛えるために武道などの厳しい体練が積極的に行なわれていましたが、
何か物事を成し遂げる力を付けていくのには、有効であったわけです。

ただ、残念ながら、現代においては、
戦後教育の影響で、忍耐力を鍛える機会が少ない状況であります。
 

そこで、忍耐力を付けるために
仏教の修行(苦行)をしようと思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、初心者の場合は仏教の修行(苦行)をすると、それで精一杯になるため、
肝心な今取り組んでいる実践が疎かになってしまうことから、効果は薄いです。

仏教の修行(苦行)は忍耐のプロを目指す方や、もしくは戦後レジームからの解脱者で
かなり実践目標が高い方のみが行なえばよいでしょう。
 

ただ、忍耐については、深刻に悩む必要はなく、
当カリキュラムの実践を通じて修行を行なえば、自然と忍耐力がついてきます。

しかし、始めのうちは忍耐力がないため、
なかなか忍耐強く取り組んでいけないのが現実であります。

そこで、
忍耐強く物事を取り組むのが苦手な方に
どのようにすれば忍耐力をつけることができるのかを現代の行動心理学的理論に基づき
伝授していきます。

このことを理解していただければ、忍耐力のない現代人も忍耐強くなれます。
 

忍耐力の付け方

今取り組んでいることについての志や、成功(目標達成)したいという意欲を
実践の大変さに耐えられるように強くしていきます。

 

◆行動心理学的根拠

人間は欲望を満たすために行動する特性があり、
成功したいという意欲が強ければ、成功できるように一生懸命行動するようになります。

もし大変であったとしても、
取り組んでいることについての志や、成功(目標達成)したいとする意欲の方が強ければ、
大変さに耐えながらでも実践行動します。

人間が行動を起こす基本的条件
実践の大変さ<志や成功(目標達成)意欲

 
したがって、大変であったとしても、
今取り組んでいることについての志や、成功(目標達成)したいとする意欲が上回れば、
実践の大変さに耐えられるようになり、苦難を乗り越えることができます。

だから、忍耐力をつけるには、
苦行を行なって鍛える前に、
志を高くして、強い成功(目標達成)意欲を持つことが大切であります。

必ず報われる努力の仕方(努力の本質)

おそらくどのように努力をしていけばよいのか分からない方が多いと思います。
そこで、必ず報われる努力の仕方について、本質的にまとめながら書いていきます。
 

◆必ず報われる努力の仕方
向上心を持ちながら、
目的(目標)の達成に必要な実践を行なっていくようにします。

 
努力の本質
目的(目標)の達成に向けて、必要な実践を向上心を持って取り組んでいくこと。

【ポイント】
目標達成に向けて計画を立てて、
それに応じて実践内容を考え、取り組まなければなりません。

逆にいくら目標計画にそぐわないことを向上心を持って実践したとしても、
結果につながりませんので、無駄な努力になります。

 

したがって、単刀直入に言えば、
策定した計画に基づいて実践を行なっていけばよいです。

また、修行を行なう際には、
目標達成に必要な知識の学習や、必要な能力・技術の鍛錬を計画に沿うようなかたちで
考えて行なうようにしましょう。

結果・成果につながる効果的な向上心を高める方法

当カリキュラムを実践したり、日常生活やビジネスで何かを取り組んだりする際には、
向上心を高めていくことが大切であります

そこで、よく会社の上司や先生・指導者、
および自己啓発・成功法則界隈では、
向上心を持って行動しようと言ってくるかと思いますが、だいだいが根性論だけで、
どうやったら向上心が高まるんだよという話ですよ。

まあ、これも戦後レジームの洗脳の影響であり、
GHQの日本人愚民化政策と戦後の教育政策によって、哲学・倫理が劣化していき、
適切に向上心を高める方法について指導できなくなっていると思われます。

したがって、向上心の本質をふまえて、
理論的に向上心を高める方法について解説していきます。

 

 
◆向上心を高めるには、以下の2つの要素が備わっている必要があります。
(1)マインド的な要素
(2)技術的な要素

 

 

(1)マインド的な要素

まず、よく会社の上司や先生や自己啓発指導者が言う根性論的な話になりますが、
プラス思考で行動して、より良いものにしていこうと思う心です。

確かに、向上心を持つには、プラス思考が必要であります。

<プラス思考のメリット>

人間は欲望を満たすために行動する特性があり、
成功したいという意欲が強ければ、成功できるように一生懸命行動するようになるため、
その結果として成果が上がり、目標達成しやすくなります。

 

しかし、残念ながら、マインドだけでは、結果・成果が向上しないのが現実であり、
結果を向上させるためには、技術的な手段(プロセス)が必要になります。

いくら向上心を高めようと思っていても、
具体的にどのようなプロセスで考えれば、結果が向上していくのかが分からず、
結果的に向上心の上げようがなくなってしまっているのです。

したがって、向上心を高めるには、次の技術的な要素に話がつながっていきますが、
結果を向上させるための技術的な手段(プロセス)を習得しておく必要があります。

 

(2)技術的な要素

結果を向上させるための技術的な手段(プロセス)を理解し、習得しなければなりません。

◆結果を向上させるための技術的な手段(プロセス)

結果を向上させるための課題を考え
改善方法や解決方法をみつけて計画や目標に反映させるようにして、
実践に活かしていくようにすることであります。

 
すなわち、結果を向上させるためには、課題解決方法や改善点をみつけて、
それに基づいて目標設定して計画を立てていくというプロセスを経て
実践内容を考えていくことができれば、結果を向上させることができます。

したがって、結果が向上させられるように自分で考えて、計画を立てて実行し、
目標達成できるようにする必要があります。

 

そこで、よくビジネスにおいては、PDCAサイクルを回せと言われています。

●PDCAサイクル
Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(評価・実践内容の検証)⇒Act(改善)

ただ、いきなりこの通りに実践を進めようとしても、戦後レジームの影響により、
自分で主体的に考えて行動するのが苦手になってしまった日本人には難しい話です。
 

そこで、正式なPDCAサイクルではないが、
当カリキュラムでは、目標達成できるように自分で計画を考えて実践を進めて、
着実に成果を出すことができるスキルを身に付けられるようにしました。

だから、当カリキュラム受講者は、実践を通じて
もう既に自分で計画を考えて実行し、しっかりと成果を出せれるようになっているので、
もう既に結果を向上させるための技術的な手段(プロセス)を習得していることになります。

 

【チェック】
ただ、いくら結果を向上させるための技術的な手段(プロセス)を持っていたとしても、
マイナス思考である場合、積極的な姿勢になれず、消極的になってしまうことから、
向上心をもって実践することができません。

<マイナス思考のデメリット>

●成功しないだろうという心理が働き、最初から諦めている状態になるため、
必ずといってもよいほど、
目標設定以上の成果を出すことができず、うまくいかずに終わってしまいます。

●自分の心が失敗する不安で満ちてしまうと、失敗するイメージが体にも伝染してしまい、
本当に失敗してしまいます。

したがって、向上心を高めるには、プラス思考(マインド的な要素)は必要であり、
疎かにできませんので、前向きに行動するように心がけるようにしましょう。

プラス思考で行動しよう

これからは日常生活やビジネスなどで何か物事を取り組んだりする際には、
プラス思考で行動するようにしましょう。

もしかしたら、今まで物事がなかなかうまくいっていなかったりすると、
どうしても不安に感じて、プラス思考で行動するのは無理なのではないかと
思っている方がいらっしゃるでしょう。
 

でも、当プログラムを実践したあなたは、この1ヶ月間目標達成に向けて、
自分の力で計画を考えて、しっかりと計画通りに進めて成果を出すことができており、
着実に成功体験(実績)を積み重ねています。

せっかく、もう既に
あなたは自分で主体的に考えて結果を出すという成功体験をしているのだから、
過去のあなたのネガティブ思考になる必要はありません。

 

当カリキュラム『成功実現プログラム』の狙い

自分で考えて計画通りに実践を進められるようにし、目標達成できるようにすることで
着実に成功体験を積み重ねていただき、自分に自信をつけてもらうことであります。

そこで、みなさまにも成功体験をしてもらえるようにこの成功実現プログラムを
組みました。

当プログラムを通じて、
自分で主体的に行動して目標達成できるスキルを身に付けることができます。

 

だから、当プログラムの実践者のあなたは、自分に自信をつけることができるので、
自信を持って行動することができます。

戦後レジームの洗脳によって、自虐思想が染み付き、自信と誇りを失っていましたが、
この実践を通じて着実に戦後レジームの洗脳からの解脱が進んできており、
自信と誇りを取り戻してきています。

自信に満ち溢れ、有意義な人生を送れる日も近いです。
 

そこで、ぜひ自信を持ってプラス思考で行動しましょう。
自信を持ってプラス思考で実践しましょう。

1ヶ月間の実践総括

約1ヶ月間目標を立てて実践しましたら、ここで1ヶ月間の実践の総括を行ないます。
そして、これをふまえたうえで、次の1ヶ月の目標設定を行なっていく流れになります。
 

そこで、まずは以下の(1)~(4)に沿って、1ヶ月間の実践の総括を行なってください。

(1)1ヶ月の目標を達成できたかどうかを確認してください。

(2)今取り組んでいることについて、ある程度成功しているのであれば、
成功につながっている要因やうまくいっている点を挙げてください。

⇒これを把握しておけば、今後の実践にも活かすことができ、大きなプラスになります。
 

(3)一方、今後の課題や、目標達成の障壁となる問題点がございましたら、
挙げてください。

(4)そして、実践の改善点や、課題・問題の解決方法を考えるようにしてください。

(3)と(4)については、課題や改善点をしっかりと考えておくことによって、
今後の実践が成功するための大きなヒントを得ることができ、とても役に立ちます。
 

1ヶ月間の実践の総括を行ないましたら、
これらをふまえたうえで、前回と同じ手順で次の1ヶ月の目標設定を行なってください。

特に今回1ヶ月の目標を達成できた方は、自信を持って目標設定を行なってください。

そして、今後も繰り返し目標設定を行なって計画を立てるようにし、
それに基づいて実践するようにしてください。

目標設定と計画策定作業を繰り返し行なうことで、
次第に自然と自分の頭の中で目標と計画を立てる癖がついていき、
自分の力で主体的に行動できるようになります。

なお、目標達成期限と中長期目標については、
必要に応じて、適宜見直すようにしていただければと思います。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー