激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

目標計画策定を行なうのにあたり

今あなたが実践していることが、
大きく分けて終わりのある取り組み(目的が達成したら終わる取り組み)
終わりのない取り組み(半永久的に続く取り組み)の2つに分類することが
できると思います。

当プログラムでは、
まずは1ヶ月の目標設定を行ない、
そのうえで1週間の実践計画(目先の計画)を立てていきます。

そして、それに加えて、
終わりのある取り組みを実践している人については、目標達成期限の設定を行ない、
終わりのない取り組みを実践している人については、数ヶ月から1年間程度の中長期目標を
立てておく必要があります。
 

すなわち、

終わりのある取り組み(目的が達成したら終わる取り組み)を実践している人は、
・1ヶ月の目標設定
・1週間の実践計画(目先の計画)の策定
・目標達成期限の設定
を行なうようにしてください。

また、終わりのない取り組み(半永久的に続く取り組み)を実践している人は、
・1ヶ月の目標設定
・1週間の実践計画(目先の計画)の策定
・中長期目標(数ヶ月~1年間)の設定
を行なうようにしてください。
 

そこで、今あなたが実践していることが、
・終わりのある取り組みであるのか、
・終わりのない取り組みであるのか、
どちらなのかということになるので、
まずは計画を立てる作業に入る前に把握する必要があります。

そこで、以下のページに例を挙げて
終わりのある取り組みであるのか、
終わりのない取り組みであるのか、
の分類方法を提示したので、
これを参考にあなたが実践していることがどちらなのかを判断するようにしてください。

⇒ 終わりのある取り組みなのか終わりのない取り組みなのかの分類方法

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー