激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

生活不安や悩み事や苦痛を解消する方法

生活不安や悩み事や苦痛は社会問題や現代の社会構造(戦後レジーム)であることが
示されています。

そこで、
どのように戦後レジームの洗脳から脱却・解脱し、
うまくいくようにしていけばよいのかという話になってきますので、
まずはここで戦後レジームの要点について挙げていきます。
 

第2次世界大戦は日本が悪い侵略戦争だったと自虐史観を植え込まれ、
文化面においても日本のものを否定し、アメリカ白人文化の方が優等であるという
反日プロパガンダが行なわれ、
日本人は自信と誇りを失い、
自己否定する者やネガティブマインドの人が多くなってしまいました。

教育現場では、日本人の精神を支えていた道徳や武道が禁止され、授業が減らされ、
代わりに公よりも個人の権利尊重など熱心に権利教育され、妄想理想主義者になるようにし、
日本人の倫理観・精神力を劣化させ、
自分で努力しようともせずに不満があると権利や文句ばかり言うようになりました。

小学校6年・中学校3年・高校3年・大学4年に進学するだけの単線的な教育制度導入と、
○×形式のテスト・問題により、学歴社会になり、受験戦争に明け暮れるようになり、
答えが正しいかどうかという単純な思想しかできなくなってしまい、
応用力や問題解決力を失いました。

憲法9条下での米軍依存の国防体制は、
日本人の自立心を奪い、強い者に従って言いなりになればよいという依存体質に
なってしまいました。

 

◆戦後レジームの問題点をまとめると、

日本人は自信と誇りを失い、
自立心なき依存体質になり、
自立して行動するのに必要な能力とマインド・精神力が欠如しています。

 

生活不安や悩み事や苦痛を解消する方法
(戦後レジームからの脱却・解脱する方法)

 
⇒悩み事を解決して、生き生きとした生活ができるようにするためには、
戦後レジームで植え付けられた価値観から脱却し、
日本人としての心と誇りを取り戻し、自分で主体的に行動していく必要があります。

つまり、自分の好きなことをやることが最大の処方箋になります。

 
もしかしたら、自分の好きなことをやるだけで、
本当に戦後レジームの洗脳から脱却・解脱し、
悩み事や苦痛から開放され、良い生活が送れるのと思われているかではないでしょうか。

戦後レジームの洗脳が植えつけられたあなたは、自立心なき依存体質になり、
自立して行動するのに必要な能力とマインド・精神力が欠如している状況であります。

⇒そこで、自分で何をやりたいのかを考え、
自分のやりたいことを集中的に打ち込んで成功体験をすることが、
自立して主体的に行動する能力・精神力が身に付き、自信と誇りをもって生きていくのに
つながっていきます。

 

そして、みんながこれを実践できるように、具体的にカリキュラムを組んだものが、
成功実現プログラムであります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー