激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

最新記事一覧

2021年8月25日
絶望の中の笑顔の姿:アフガンカブール空港にて
2021年7月31日
東京オリンピック:選手たちはすばらしい
2021年6月30日
いろいろと落ち着くことが大事
2021年5月17日
人間は合理的な行動を取るのは当然のこと
2021年4月25日
日本国民にとって最大の敵になった菅政権

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



青空ライフブログについて

2017.07.11

現代の激動時代における不安の解消し、人生の苦しみ・悩み事から解放され、
人生・生活で成功できる方法を伝授します。

人生・生活でうまくいくようにするには、
不安や苦しみや悩み事を解決し、成功するのに必要なノウハウとマインドを
身に付けなければなりません。
 

そこで、当ブログのコンテンツでは、その場しのぎのテクニックではなく、
必要な思考能力・倫理・精神力を付けるのに役に立つようにしています。

しかも、無駄な知識を付けていくのではなく、
『ダイレクトに結果を出すことができる』成功できる仕組みを提供していきます。

そして、努力・学習が苦手な方でも、挫折しないように楽しく取り組めるように
自分の好きなことや趣味を実践することによって、自己啓発ができて成功哲学が身に付く
成功実現プログラム(無料)を作りました。

また、成功哲学を簡単に体感できるように
日々ブログで身近な社会問題からアプローチして情報発信していきます。
 

ぜひ、青空ライフブログを活用していただき、
成功法則を学んでいきましょう。
 

ナビケーション

 
バナーをクリックして気になるコンテンツをみてみよう。

自己啓発・成功哲学入門 話題の社会政治問題
成功実現プログラム 青空塾ブログ

 

話し相手・傾聴サービス

 
ライフコンサルタント関連事業として、
高齢者や引きこもりや孤独の方向けに話し相手・傾聴サービスの運営を行なっています。

高齢者や引きこもりの方はもちろん、
日常生活の不安や人生・生きる苦しみや悩み事を抱えている方も、愚痴や話し相手を
受け付けていますので、有効活用していただければと思います。
 

絶望の中の笑顔の姿:アフガンカブール空港にて


 

アフガニスタンはタリバンの復活占拠により、多くの人が国外に逃れようとしていて
カブール空港に多くの人が押し寄せています。

上の画像は、よくテレビでも流れていましたが、離陸する米軍輸送機に乗れない人たちが
走って追いすがる映像になります。

本来であれば、米軍輸送機に乗り損ねて絶望しているはずですが、カメラに向かって
笑顔で手を振っている人がいますね。

まさに絶望の中で笑顔で振るまっています。

苦しい中でも笑顔を作れれば、力強さを感じることはできます。
 

一方、それに比べて、菅総理は盛り上がるはずのオリンピックの開会式で、
日本の選手団に対してはやる気のない拍手をしていました。

まるでオリンピックを成功させたくないかのような感じです。

盛り上がる場や楽しい場において、やる気なさそうにしたり、暗い表情をしていると、
いくら明るいことでも暗くなって悪い雰囲気になります。

そして、うまくいくものもうまくいかなくなってしまうこともあります。

菅総理の負のオーラは周囲の雰囲気を暗くしてあまり良くありません。
 

このことをふまえれば、盛り上がっているオリンピックの開会式の菅総理の姿をみるよりも、
本来絶望であるはずの米軍輸送機に乗り損ねた人がカメラに向けて手を振っている姿の方が、
楽しそうにすら見えます。

絶望の中でも笑顔の姿は、
今を生きようとしていて、何とかしたいという強い意欲を感じることができます。

苦しい中でも笑顔で振るまえれば、前向きに物事を考えることができる場合もあります。

今みなさんは、新型コロナウィルスの影響を受けて、中には苦境に立たされている方も
いらっしゃるかと思います。

なかなか難しいと思いますが、苦しい中でも少し笑顔を出すことができれば、
良いオーラが出てきて、好転につなげることが可能です。

米軍輸送機に乗れなくてもカメラに向けて笑顔で手を振るぐらいのマインドを
持っておいた方が良いでしょう。

東京オリンピック:選手たちはすばらしい

ここ最近、やや更新が疎かになってしまっていますが、東京オリンビックということで、
選手たちをみていると、あらゆる面ですばらしいと思います。

一方、政治家のお偉いさんは怠慢であり、新型コロナウィルスの観戦に備えておらず、
また緊急事態宣言で足を引っ張っています。

本来であれば、オリンピック選手たちをサポートするべき存在であるはずですが。

あと、オリンピックにより、
自宅でテレビ観戦が増えていますので、ある程度人出の抑制につながっています。

オリンピックが終われば、次はパラリンピックが始まりますが、しっかりと開催して、
オリンピックと同様に自宅で観戦して気持ちを上げていきましょう。

いろいろと落ち着くことが大事

2021.06.30

ここ最近、茨城県で全裸の男が暴れたり、暴行や強姦などの変な犯罪が増えています。

その要因のうちの1つは、新型コロナウィルスの影響もあるでしょう。

新型コロナウィルスの影響で生活スタイルも少し変わったため、心身に影響を与え、
テンションがおかしくなり、落ち着きがなくなりがちです。
 

そこで、落ち着くことが大切になってきます。

ストレスが溜まっていたり、テンションがおかしくなっているときは、なかなか大変ですが、
心を落ち着かせるようにしましょう。

そうすれば、冷静になれるとともに、
穏やかになってきますので、
変なことをしようとする気はなくなってきます。

そして、落ち着くことによって、物事を冷静に考えられるようになります。

しっかりと自分で考えて行動した方が成功率が高くなりますし、100%成功しなくても、
有意義な行動になります。

心が荒れていたり、疲れている方は、落ち着くことを心がけてみましょう。

人間は合理的な行動を取るのは当然のこと

2021.05.17

人間は基本的に合理的な行動を取る仕組みになっています。

人間は本能的にデメリット(損失)を回避し、メリットの高い方を取るように行動する
性質があります。
 

当然、新型コロナウィルスについても、人によって合理的な行動が異なります。

緊急事態宣言が出されていますが、
ビジネスマンからすれば、補償が十分ではなく、死活問題であります。

そして、例えば、
・休業した場合、お金がなくなって100パーセントの可能性で飢え死にする
・活動した場合、新型コロナウィルスに感染して数パーセントの可能性で死亡する
・ワクチン接種すると、副反応で5万分の1の確率で死亡するが、ほぼコロナで死ななくなる
としましょう。

新型コロナウィルスの死亡率やワクチン接種の副反応による死亡する確率は、
年齢や基礎疾患の有無によって異なるため、一概に言えず、諸説ありますが、
とりあえず一般的に近い数値設定にするようにしています。

まず、ワクチン接種ができる場合は、新型コロナウィルス感染をかなり抑えられる上に
仮に感染したとしても重症化せず、ほとんど死亡することがなくなるのであれば、
副反応により5万分の1程度死亡したとしても、ワクチン接種する選択をするでしょう。

もし、5万分の1の確率に当たってしまったら、ある意味自分の人生はここまでである運命
と悟る人もいるかもしれません。
 

ただ、日本はワクチン接種が遅れているということで、ワクチン接種ができない場合は、
どのような行動の選択を取りたくなるでしょうか。

完全に休業すると、お金がなくなって飢えで絶対100%死んでしまうのであれば、
新型コロナウィルスに感染すると数パーセントの可能性で死亡する可能性がありますが、
営業して働く方を取るしかなくなると思います。

新型コロナウィルスに感染したとしても死亡する確率は数%程度であることから、
何もしなければ100%の可能性で飢え死にするのであれば、はるかにマシですので、
ある意味感染して死亡してしまったら、運が悪かったと捉えることもできるでしょう。

いくら菅政権が緊急事態宣言を出して休業要請したり、自粛要請したとしても、
これらを無視して、営業したり、働きに出るのは当然のことでしょう。

上記の確率論からみても、合理的な行動であると言えます。
 

人間は合理的な行動を取る性質がありますので、
これに基づいてプランニングしていくことが重要になります。

日本国民にとって最大の敵になった菅政権

菅政権は3回目の緊急事態宣言を出すことにしました。

今回の緊急事態宣言は、人の流れを止めたいということで、飲食店だけではなく、
大型施設に休業要請を出すことになっています。

しかし、
そうであれば、休業する店舗や仕入先には十分な補償を行なわなければならないですが、
なんと協力金20万円から数十万円程度しか出しません。

しかも、裏の話に寄れば、
事前に根回しを行なっておらず、東京都や大阪の要請にしたがって、緊急事態宣言を出して、
「新型コロナウィルス対策をちゃんと行なっているぞ」と政権のアピールにつなげるために、
もはや、菅総理の思いつきと言えるレベルで緊急事態宣言を出すことにして、
具体的な根拠が乏しいものになっています。

菅総理は、就任当初「国民のために働く内閣にする」と言っていましたが、国民よりも、
自分のメンツのために働いている内閣であります。

百貨店などの大型施設の経営者は、新型コロナウィルス対策を万全にしつつも、
少しでも売上につなげようと努力しているのに、菅政権の勝手な都合により、
営業を止められてしまいます。

もはや、菅政権はビジネスで成功するのに最大の敵になっています。
 

ワクチン接種についても、まだ医療従事者が全員分打ち終わったわけでもなく、
あきらかに供給量が足りないのに関わらず、強行的に高齢者のワクチン接種を開始して、
菅政権のアピールが目的になっています。

しかし、いくら感染対策を行なっていたとしても、ワクチンを打っていない医者や看護師が、
高齢者にワクチン接種を行なえば、もし医者や看護師がコロナウィルスに感染していれば、
ワクチン接種の際に感染を広げるリスクにもなります。

菅政権はこのことをふまえずに、ワクチン接種を計画しているのであれば、
国民の命を疎かにしていることになります。

このことからも、菅政権は日本国民よりも自分のことしか考えていないと言えます。

もはや、菅政権は日本国民にとって最大の敵になっています。
 

コロナ禍において、成功するためには、
菅政権を当てにせずに、常に疑いの目でみる必要があります。

ワクチンの供給をみても、もう既に遅れが出ています。

高額なお金を支払えるのであれば、
菅政権を当てにするよりも、
裏ルートでワクチンを仕入れるか、海外でワクチン接種した方が早く打てると思います。

そして、菅政権の政策を無視できるところは、無視した方が良いでしょう。

新型コロナウィルス対策をしっかりと行なっているのであれば、特に問題はなく、
菅政権よりもあなたの方がよほど優秀ですので、独自にやっていけば良いと思います。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー