激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

実践の進捗状況の検証

1週間から10日ぐらい実践しましたら、
一旦実践を中断していただき、進捗状況の検証を行ないます。

そこで、以下の設問に回答しながら、
1週間から10日ぐらいでどのぐらい実践ができたかを検証していきましょう。
 

●どのぐらい実践を進めることができたのかについて把握するようにし、
具体的に行なったこと(作業内容)を挙げて、
ここまでの作業量や、進捗度合いを具体的な数値(指標)を用いて書いてください。

 

●どのぐらいの実践時間(作業時間)であったのかを確認するようにしてください。

また、必要に応じて、平日や休日等によって実践できる時間が大きく異なる場合は、
まとまった時間が取れる日と、そうでない通常時の実践時間を分けて書いてください。

そうすることによって、次回に行ないますが、
具体的な計画が立てやすくなります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー