激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

2018年夏はとにかく暑かった 不調な方は?

2018.08.28

とにかく、今年(2018年)の夏はとても暑かったですね。

私が住んでいる名古屋では、ついに最高気温が40℃突破した日が出てしまいましたし、
35℃以上の猛暑日日数は観測史上最多日数となりました。

これだけ暑ければ、当然冷房を使いますよね。

冷房が効きにくいのであれば、しっかりと熱中症対策を行なわなければなりませんが、
外が暑すぎるため、設定温度がさほど低くなくても冷房が効き過ぎることがあります。
 

冷房が効き過ぎると、少し冷えた感じになり、自律神経に悪い影響を与え、
さらに外と部屋の中の温度差が広がり、温度差に体が耐えられなくなり、
体調を崩すこともあります。

体調不良の方は、冷房の効き過ぎも1つの要因になっていると思います。

部屋の中でじっとしているときや安静にしているとき、よく効く冷房であれば、
設定温度は28~29℃ぐらいでも十分涼しいと思います。

そこで、あまり動かないときは設定温度を28~29℃ぐらいの高めに設定して、
動いたり、作業したりするときには、少し設定温度を下げるようにして、
状況に応じて、適切に冷房の効き具合を調整することが大切です。

まもなく9月になりますが、近年残暑が厳しいですので、体調管理に注意するようにし、
乗り越えるようにしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー