激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

休むときは羽目を外した方が良い

2019.11.27

みなさん、日々の生活や仕事で疲労して、
時々「休みたいな」と感じられているのではないでしょうか。

そこで、休むときは羽目を外した方が良いです。

芸能人や政治家は、よく羽目を外すとスキャンダル扱いをされてしまいますが、
休むときぐらいは羽目を外しても良いのではないかと思います。

休むときにも緊張感が残っていると、
いざ仕事をするときに疲れが残っていて、思ったよりも成果を出すことができなかったり、
常にピリピリしてイライラしてストレスも溜まってしまいます。

この状態が続くのは、あまり望ましくありません。
 

休むときは思いっきり羽目を外せば、大きく気分転換ができることから、
疲れていて悪い流れのときには、切り替えもしっかりできます。

オンオフははっきりしていて良いです。
大物はオンオフがはっきりしています。

激動の現代社会にこそ、「休むときは羽目を外して、やるときにはしっかりやる」
というのが豊かに生きるためには必要なことであります。

羽目を外すのは良くないという論調に惑わされることなく、休むときは休む、
そして休むときは羽目を外すようにしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー