激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

取り組む内容の決定過程(事例)

2017.03.20

取り組む内容の決定過程について、
事例を挙げましたので参考にしていただければと思います。
 

●現在の自己適性分析において、現在の仕事に誇りを持ってやっている、
住宅・不動産の街作りの従事者で、まさに仕事=好きなこと=志であり、
そのまま仕事の成果を上げるのにチャレンジすることにした人の場合

⇒ 現在の自己適性分析の回答結果と取り組む内容の決定過程

●現在の自己適性分析で悩んでいることについて解消しようとする人の事例
腰のヘルニアや腱鞘炎の持病を解消するべく
ストレッチングに取り組むことにした人の場合

⇒ 現在の自己適性分析の回答結果と取り組む内容の決定過程
 

◆過去の自己適性分析を振り返ってやりたいことをみつけた事例

(1)現在の仕事や生活が単調でつまらない人が
サイクリング(スポーツ・アウトドア)に取り組むことにした経緯

⇒ 現在の自己適性分析の回答結果

⇒ 過去の自己分析内容

⇒ 過去の自己適性分析回答結果の照合と分析

(2)一見すると、現在も過去もダメそうな人が取り組むものをみつけた過程

⇒ 現在の自己適性分析の回答結果

⇒ 過去の自己分析内容

⇒ 過去の自己適性分析回答結果の照合と分析
 

事例をピックアップしたものですので、大まかなものになってしまっているものもあるが、
このような感じで回答結果を照合・分析して
取り組む内容を決めていけば良いということを理解していただければと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー