激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

調子が悪ければペースを落とすのも1つの手

2019.06.30

何か物事を取り組んでいるとき、
調子がよければ、そのままのペースで進めていけばよいと思いますが、
今は梅雨時で少し調子を崩しやすい時期であり、
どうしてもうまく進められないこともあります。

調子が悪いときは、無理をせずに実践ペースを落とすのも1つの手です。

調子が悪いときに無理をしても、なかなか目標計画通りに物事が進めることができず、
また計画通りに進められないことにより、自信を失ってしまいます。

調子が悪い⇒計画通りに進められない⇒自信を失う⇒やる気をなくしてしまう
という悪循環になり、さらに物事がうまく進められなくなってしまいます。

実践ペースを落とすことによって、心身が休まって体調が回復してくると同時に
着実な目標計画設定ができて立て直しが行ないやすくなります。

したがって、無理をしないことが重要であります。
 

また、状況によっては、リフレッシュするのもアリだと思います。

気分転換を行なうことによって、頭がスッキリしたり、体が軽くなったりして、
今後の実践が捗るようになります。

調子が悪くて、
少し実践するのが苦しい状況であれば、
一旦立ち止ってリフレッシュして気分転換をすると良いでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー