激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

疲れたときには愚痴を言うのも1つの手

2019.07.16

何か物事を実践しているとき、なかなかうまくいかずに嫌になって疲れてしまうことが
出てくると思います。

そのときは周囲と話して愚痴をもらすのも一つの手です。

どうしても、うまくいかないときは、
自分一人で抱え込んでしまい、どつぼにはまってしまうことがあります。

そうすると、段々追い詰められていき、精神的にもかなり苦しくなってしまいます。

精神状況が悪化すれば、うつ状態になったり、
逆に今までの苦しみが怒りとして爆発して、
周囲に暴力的になったり、傷付けてしまうことも出てきます。

理想的には、周囲に相談できるのが望ましいですが、なかなか簡単な話ではないので、
少し愚痴をもらすような感じにするのが一つの手になります。
 

愚痴を言えば、少し気分が楽になりますし、
周囲の人もあなたがうまくいかないことを知れば、相談に乗ってくれたり、
助けてくれたりすることもあります。

そうすれば、
問題解決策が見つかることもありますし、
また精神的にも楽観的になり、プラス思考で取り組めるようになっていき、
負の循環から正の循環に切り替えられ、上昇気流に乗ることができます。

少なくとも、何かが変わるきっかけにはなります。

状況が良くなるきっかけを作るのにも、周囲に少し愚痴をもらすようにして、
周囲を巻き込めるようにしていきたいですね。
 

ここで問題になってくるのは、
誰にどこで愚痴を言えばよいのかということになります。

家族や知人に言える状況であるなら、家族や知人に話し相手になってもらいましょう。

ただ、必ずしも家族や知人に愚痴を話せる環境にはないと思います。

こういうときには、
ツイッターなどのSNSを活用すると、反応が得られる可能性があります。

共感してもらえれば、精神的に不安定な状態から解放されます。

ただ、SNSを活用する場合、
他の人の悪口とか言わないように注意する必要があります。

SNSは世界中の人が見ることができるので、悪口を書いたら、すぐに分かってしまいます。

SNSで愚痴を言う場合は、
他者批判をするというよりは、あくまで自分のことを書くようにしましょう。

その他として、愚痴を聞いてくれるサービスとかもありますので、それらを活用するのも
一つの手になります。

愚痴の話し相手サービスの需要があったら、やってみたい気もしますね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー