激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

殺伐とした世の中を生きるには

京都アニメーション放火殺人事件など、ここ最近凶悪犯罪が増えていますし、
また吉本興業の騒動では、吉本興業に関係のないSNSユーザーが過激な書き込みをするなど、
日本は殺伐とした世の中になってしまっています。

私自身も殺伐とした世の中になっていると感じることができ、正直なところ、
少し嫌な感じがします。

そこで、何とか殺伐とした世の中を生きるには、どのようにしていけばよいのかについて、
少し書いていきたいと思います。
 

殺伐とした世の中を生きるのに大切なことは、自分を見失わないことであります。

殺伐とした世の中においては、一つ一つの出来事に対して、動揺されやすく、
何かと振り回されてしまうことがあります。

いろいろと振り回されているうちに、
本来自分がするべきことを見失ってしまう可能性があります。

自分自身を見失ってしまう恐れがあります。

自分を見失ってしまいますと、
生活や人生において何事もうまくいかなくなってしまいます。

したがって、殺伐とした世の中を生きるには、
自分を見失わないように心がけることが大切になってきます。
 

問題なのは、自分を見失わないようにするには、どのようにすればよいのか
ということになります。

自分を見失わないようにするには、
日々自分で主体的に考えて行動していくことであります。

自分で主体的に行動していけば、軸が固まっていきます。

世の中が騒がしくなっても、
動揺せずに行動できて、地に足をつけて生きることができます。

戦後レジームの洗脳の影響で、
現代社会においても、自分で主体的に行動できていない人が結構います。

自分で主体的に行動できていなければ、
軸が定まらないため、
殺伐とした世の中においては、物事・行動に対する価値観も大きく揺らぐことから、
自分自身の行動・考えもブレてしまい、振り回されやすくなってしまいます。

振り回されないようにするための、軸が必要になってきます。
 

まずは、
日頃から、自分で主体的に考えて行動していくことを心がけるようにしましょう。

なかなか自分で考えて行動するのが難しい方、自分で主体的に行動するのが苦手な方は、
成功実現プログラムを実践するようにしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー