激動の時代の不安を解決し、生活・人生が苦しいから解放される方法が分かります。成功哲学を簡単に体感できるように身近な社会問題から分かりやすいアプローチで情報発信していきます。

最新記事一覧

2019年11月27日
休むときは羽目を外した方が良い
2019年10月23日
台風19号の大雨被害からみる:自然の力は強大だが、知識と行動力で減災できる
2019年9月28日
ラグビーワールドカップ:海外選手に日本式のお辞儀が広がることはすばらしい
2019年9月8日
京浜急行線踏切事故からみる:高い利便性(メリット)にはリスク(デメリット)も伴う
2019年9月1日
恨思想が暴走した文在寅韓国大統領の断末魔:GSOMIA破棄・反日政策

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



池袋交通事故で必要性が高まる高齢者ドライバー対策は日本人の問題解決能力が問われる

池袋交通事故は2人が死亡して8人が負傷した悲惨な事故になりましたが、
高齢者ドライバーの操作ミスが事故要因になっています。

今回の池袋交通事故だけではなく、高齢者ドライバーによる暴走事故は年々増えており、
その対策の必要性が高まっています。

高齢者ドライバーは運転に必要な判断力や身体能力が低下してきており、
運転操作ミスを起こしやすく、交通事故につながりやすいです。

時々池袋交通事故のような悲惨な事故が発生し、みんなが不幸になってしまっています。
 

とりあえず、対策としては、高齢者に運転させなければいいじゃないかと
思うかもしれませんが、いろいろと問題が出てきて、簡単な話ではありません。

運転をやめさせるべきかどうかのYESかNOの二元論的な単純思考では、
うまくいかないと思います。

そこで、高齢者ドライバー対策は、様々な問題に対して対応していく必要があり、
日本人の問題解決能力や論理的思考力が問われ、日本人の真価が試される課題です。

 

まず、高齢者に運転をやめさせる場合、
東京などの大都市では、公共交通機関が発達しているので大丈夫そうですが、
鉄道やバスが少ない地方では、車がないと移動手段に困ってしまうでしょう。

そこで、一部の自治体は公共交通機関や都市機能が整っている都市部に人口を集める
コンパクトシティ化に取り組んでいて、
街の中なら車がなくても暮らしていけるので、高齢社会に合った政策であります。

しかし、長年住んできた土地から離れたくない人も多く、都市部に移りたがらないので、
移住させるのはなかなか難しいのが現状です。

現段階で一番有力なのは、
高齢者向けに安全運転サポート車(自動ブレーキ等搭載車)限定免許を発行し、
高齢者には安全運転サポート車を使っていただくことであります。

そうすることによって、
運転操作ミスを起こしても、
池袋のような大きな交通事故になるリスクを減らすことができます。

ただ、これは法改正が必要になるため、政治に依存することになります。

安倍政権はしっかりと政治に取り組んでいるものの、残念ながら野党は、
国会をみてみると、建設的な議論ではなく、安倍政権批判ばかりしていて、
変なヤジを飛ばしたり、酷いときには審議拒否もしてくるため、議論が進まず、
法整備に時間がかかる可能性があります。

このような野党政治家が国会議員として結構居座っている状況であることをふまえれば、
まだ日本は戦後レジームから脱却しきれていないと痛感させられますね。
 

高齢者ドライバー対策はどれを取っても、問題点や壁が立ちはだかります。

【ポイント】
まさに問題解決能力や論理的思考力が問われ、
さらに対策を実行するには、行動力も必要になります。

しかも、高齢者ドライバー対策は日常生活に大きく関わってくるものであり、
個人としてはもちろんのこと、企業や行政や政治も動員されることから、
日本人の真価が試されます。

ある意味、戦後レジームから脱却できるかどうかの試金石になります。
戦後レジーム(GHQ)により問題解決力・思考力が低下させられましたが、
回復できるかどうかをはかることができます。

現実的には、高齢者ドライバー対策は、一個人ではすぐに解決するのは難しいですが、
実際に対策を考えることによって、問題解決能力や論理的思考力が付きますので、
ぜひみなさん考えてみましょう。

池袋交通事故のような悲惨な事故がなくなってくれるのが理想的であります。

まず他の人をみるよりも自分のことを考えよう

よく他の人をみると、すごいと思ったり、うらやましいと思ったりすることが
あると思います。

でも、いきなり他の人と比較しても、状況がかなり違うと思いますので、
目標にしようとしても、現実味がないと思います。

そこで、他の人と比べるよりも、まずは自分自身と向き合うのが大切になります。
 

自分自身がどういう状況であるのかを把握するようにします。
これを元に目標とか立てるようにします。

この目標はすごいものである必要はありません。
自分が現実的に実践可能な目標計画にしていきます。

いきなりすごい人と比べて目標を立てても、
現実的に実践するのが不可能であります。

仮に小さい目標であったとしても、すごい目標を立てて挫折するよりも、
着実に実践して達成した方が成長することができます。

大きな成果は小さな成功の積み重ねであります。
 

例えば、サーッカーの場合、最初はただ単にボールを蹴るところから始まります。
上達してくると、ドリブルやリフティングや正確なパスができてくると思います。

さらに経験を積めば、
相手に邪魔されてもドリブルやリフティングや正確なパスができるようになります。

そうすると、試合で活躍できるようになっていきます。

プロ選手は小さな成功をたくさん積み重ねてきて、頂点まで這い上がってきます。

【ポイント】
悪い言い方をすれば、ただ単に小さな成功体験を積み重ねていっただけである。
ただ、一般の人に比べれば、小さな成功体験を積み重ねた数が桁違いに多い。

 

ドラクエやポケモン等のゲームも最初は弱く、スライムやポッポぐらいしか倒せませんが、
経験値を積み重ねていくうちに強くなり、倒せるモンスターも強くなっていきます。

そして、最終的には最強のボスを倒すことができるようになります。

実際のゲームでは、経験値稼ぎスポットがあるにしても、経験値を地道に積み重ねていく
という意味では、同じであります。

ゲームでも小さな成功体験の積み重ねが、
最強のボス討伐という大きな成果につながってきます。

 

他人をみてうらやましいと思ったり、すごいと思って萎縮したりするよりも、
自分ができることを考えて、地道に実践して成功体験を積み重ねていきましょう。

青空ライフクラブオープン

青空ライフの会員コミュニティサービス『青空ライフクラブ』がオープンしました。

そして、青空ライフクラブの内容・要綱をレターに書きましたので、
まずは以下からご覧になってください。

⇒ 青空ライフクラブの内容詳細について
 

一般的な自己啓発や成功哲学関連のセミナー・講座は、根性論の話ばかり聞かされたり、
しかも実用的でない無駄な知識を植え付けられたりするなど、意味のないものが多いです。

また、単発ものが多く、十分成果があげられるまでサポートしてもらえないのが現状です。

もしくは、サポートはしてもらえたとしても、高額なお金が請求され、
次第に支払えなくなって、見捨てられて、借金を背負う羽目になったという方もいます。

あと、カルト宗教や反社会的勢力の勧誘に自己啓発が使われるケースがあり、
受講者は食い荒らされていて、なかなか酷い状況であります。
 

したがって、まずは青空ライフ事業を立ち上げて、成功実現プログラムを作りました。

成功実現プログラムは、生活不安や悩み事や生きる苦しみの根本的な要因を挙げていき、
どのようなことを実践していけば、問題を解決して成功に導けるのかを
プログラム化したものであります。

ただ、これだけだと、実践が十分に浸透しておらず、成功者を育て上げるところまで
至りませんでした。
 

そこで、青空ライフ式の成功法則(自己啓発)の実践が定着し、習得していただけるように
青空ライフクラブというコミュニティを立ち上げて、実践の場を提供することにしました。

青空ライフクラブは、
既存の講座やセミナーと異なり、ずっとコンテンツを使い続けられるようにしたため、
成果が出てマスターできるところまで、じっくりと実践・演習を行なうことができます。

能力向上に役に立つように
課題やテーマに取り組んだり、
コミュニティ掲示板では討論・評論を行なう機会を提供するようにします。

将来的には、実践する上で役に立つ目標管理やスケジュール管理機能などが備わり、
また会員同士で交流できるチャット機能が付いたSNSサービスへご招待して、
有効活用していただけるようにしていきたいと思います。

まず、多くの方に浸透してもらえるように参加者を増やしていきたいですので、
無料で提供していきます。

ある程度実績・成果が出てきましたら、有料化していくと思いますので、
無料で入会できるのは期間限定になります。

せっかく『令和』という新時代に入りますので、
この機会に今までの冴えない自分にサヨナラし、
令和時代らしく花が咲き誇るような生き生きとした生活・人生を送れるようにしましょう。
 

あと、ブログの方についても、コンテンツを充実させ、整備していきます。
これから青空ライフの運営をがんばっていきますので、よろしくお願いします。

まもなく青空ライフクラブ(コミュニティ)が始動

かなり期間が経過してしまいましたが、
まもなく青空ライフの会員コミュニティサービス『青空ライフクラブ』が始動します。

青空ライフブログ立ち上げ当初から、会員コミュニティサービスを作り、
自己啓発に役に立つように、
課題やテーマに取り組んだり、交流してお互いに高められる場を提供していきたいと
いう構想がありましたが、なかなか難しいところがありました。

でも、ようやくどのようにすればよいのかがみえてきて、カタチにすることができました。
あとは多くの方に参加していただき、広めていきたいです。
 

究極的には、生活不安や悩み事や生きる苦しみは、戦後レジームの洗脳であります。

政治的にアプローチをしていき、
いくらトップダウンで戦後レジームからの脱却を行なおうとしても、
日本国民がついてこなければ、なかなか難しいところがあります。

そこで、日常生活において、身近で苦しんでいる方に戦後レジームの影響を説いていき、
戦後レジームの洗脳から解脱してもらい、
ボトムアップで戦後レジームから脱却を目指すのが狙いであります。

青空ライフクラブでは、自己啓発・成功哲学を長期的にじっくり取り組める場を提供し、
解脱に必要な実践・演習を行なって、能力・マインドの習得を堅固たるものにしていく
このような感じの会員制サービスにしていきたいと思います。
 

準備ができましたらもまた連絡します。
よろしくお願いします。

親知らずの歯は恐ろしい (抜歯手術を受けました)

2019.02.07

一応、体調不良になる前に、
軽い腰のヘルニアとかあったため、簡易なものでありますが、ストレッチングを行うなど、
体調管理に注意するようにしていました。

しかし、昨年は体調不良になり、
特に秋からは胃炎や逆流性食道炎になってしまい、薬を飲んでも完治するところまで
いきませんでした。

そして、医者から体のバランスを崩していると言われ、自分で心当たりを考えたところ、
どうやら親知らずの歯が変な生え方をしていて、顎が偏った状態になっていたので、
もしかしたら、親知らずの歯の影響で体のバランスを大きく崩してしまっていて、
胃の中に空気が入ってしまうため、胃の不調を引き起こしているのではないかと思いました。

そこで、1月後半に少し入院をして、親知らずの歯(下2本)を抜く手術を行ないました。
 

実際に親知らずの歯を抜いてみたら、
やはり、親知らずの歯が変な生え方をしていた影響で、かなり体のバランスを崩し、
胃の不調を引き起こしていると実感できました。

本当に親知らずの歯は恐ろしいですね。

自分で体調管理に注意していたとしても、
親知らずの歯で体のバランスを崩して体調不良になってしまいます。

体調管理に注意しても、体が不調の場合、
親知らずの歯を抜いていない場合は、悪影響を及ぼす可能性がありますので、
このことを頭の中に留めていただければと思います。

親知らずの抜歯手術はめんどくさいですが、
そこまで苦痛で大変というわけでもないので、親知らずの歯が問題を起こしていれば、
抜歯手術を受けると良いでしょう。

参考までに、私が親知らずの抜歯手術のときの様子と手術後の経過について、
簡単に書いてみました。
 

親知らずの手術は下2本同時に抜きました。
静脈麻酔(静脈内鎮静)で行ないました。

静脈麻酔(静脈内鎮静)は、全身麻酔と異なり、完全に眠ってしまうわけではないですが、
一般的には意識が遠のき、感覚的にはいつの間にか手術が終わっている感じになります。

しかし、私の場合、麻酔の効きが少し悪く、
結構意識が残っている状態で、治療が終わるまで長く感じました。
手術中は同時に局所麻酔も行なっているので、痛みはありませんでした。

なお、手術後麻酔が切れた直後は、さすがに痛かったので、痛み止めをやりましたが、
手術後数日経過しましたら、あまり痛みは出なくなりました。

腫れについては、
手術1日後:大、2日後:大(ピーク)、3日後:中(少し引いた)、4日後:小(わずか)
5日後:完治という感じでした。

食事は手術2日後の退院までは、おかゆなどの流動食を食べるようにして、
5日後の腫れが引くまではお茶付けなどのやわらかくて飲み込みやすいものを食べ、
6日後~8日後の抜糸までの間は固形物や刺激物などをリスクは避けるようにし、
抜糸以降は普通の食事に戻しました。

思ったよりかは、治療後の回復が早く、そこまで大変ではなかったです。
 

親知らずの歯で体調不良を起こしている場合は、
ぜひ、親知らずの抜歯手術を受けましょう。

管理人


名前:切り開く青空人
⇒生活不安の解決や人生の苦しみを解消し、
成功するのに役立つ情報を発信していきます。

⇒ 管理人のプロフィールと事業紹介


意外な一面がみれるかも

お問い合わせについて

コンテンツメニュー